医療現場でも利用される

キャビテーションとラジオ波を組み合わせたものでさらに効果を上げます

施術

キャビテーションは美容以外の医療現場で実際に使用されている機械で、胆石や小さな腫瘍細胞を破壊するために使用されており、効果は実証されています。痩身目的で使用される場合は、超音波を出す機械で、脂肪層に超音波を当て、中に気泡を生じさせ、その気泡が弾ける力を利用して脂肪細胞膜を破壊し、脂肪を乳化させます。乳化された脂肪は血液などにのり体外に排出されます。 現在の医療用キャビテーション機械には、冷えている脂肪を温めるラジオ波を同時に出す機械があります。ラジオ波によって体の深層部を温め、キャビテーションで脂肪細胞を破壊することが同時にできるようになりました。破壊された脂肪細胞は、そのままにしておくと体内に残ったままになってしまうことがあるので、術後に全身のマッサージを受けるとキャビテーションの効果が確実なものになります。

部分痩せにも効き目のある施術です

キャビテーションは医療現場でも使われ、効果があることは実証されていますが、大量の脂肪を一度に除去できるわけではありません。何回かクリニックなどに通う必要があります。太ももやお腹などの場合、6回コースなどの設定があります。一つの部位で最低でも6回程度は通う必要があるということです。太ももやお腹など、ある程度面積と厚みがある部分しか施術が行えないということもありますが、確実に部分痩せができるというメリットもあります。何回か通うことで脂肪細胞が少なくなり、またラジオ波で深層部を温めているので、通っている間は痩せやすい体になっているといえます。切らない脂肪吸引で、確実に効果を上げたい場合には、キャビテーションとラジオ波を同時に行える機械で施術を受け、そのあとにマッサージで破壊された脂肪細胞を血液にのせ体外に排出させます。期間がかかりますが、痛みもなく確実に脂肪細胞を減らすことができる方法です。

脱毛との関係性

女性

わきがを乗り越えようとするとき、レーザー脱毛を活用すると良い、ということはすでに常識です。ワキガ治療の方法が見つかったのも脱毛方法の研究過程にあることを踏まえて、見た目も臭いもスッキリできることに注目できます。

人気の多汗症治療

女性

悪臭を放つわきがは、横浜の美容皮膚科などで治療を受けることができます。臭いの原因となる汗腺にアプローチしてくれるので臭いと汗は防ぐことができますし、切らない施術も登場しているので傷も残らないのがメリットです。

コンプレックス改善

女性

美容整形は容貌にコンプレックスを持つ人の精神的負担を軽くするものであり、大阪においてもここ最近では美容外科は症状を改善するために必要という認識である。また、美容外科の施術はメスを使用しないいわゆるプチ整形が多数あり、この需要が伸びている。